logo

ソニー、小さくて置きやすいマルチコネクトコンポ--CD、ラジオ、Bluetoothを一体化

加納恵 (編集部)2014年09月05日 15時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月5日、CDプレーヤー、Bluetooth、FM/AMチューナを搭載したミニコンポ2機種を発表した。セパレートタイプの「CMT-SBT40」とワンボディタイプの「CMT-X3CD」をラインアップする。発売は10月18日。想定税別価格はSBT40が2万円前後、X3CDが1万9000円前後になる。

 両機種ともにBluetoothによるワイヤレス再生にも対応したミニコンポで、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、USB端子に接続したメモリ内の再生が可能。USB端子にはUSBメモリのほか、「ウォークマン」も接続でき、いずれも再生(ウォークマンで再生する際はMedia Goまたはドラッグアンドドロップで転送した曲のみ)、録音に対応する。

 録音はMP3形式の128kbpsで、1Gバイトに約17時間の録音ができるとのこと。CDからウォークマンへは2.5倍の倍速録音ができ、ラジオ番組の録音も可能だ。

 セパレートタイプのSBT40は実用最大出力50W。サイズは高さ132.5mm×幅170mm×奥行き222mmで、重量約1.4kg(本体)、高さ214mm×幅132.5mm×奥行き207mmで、重量約1.7kg(スピーカ)になり、スピーカ部は縦置き、横置きのどちらにも対応する。

  • 「CMT-SBT40」ブラックモデル

  • 「CMT-SBT40」ホワイトモデル

  • スピーカは横置きもできる

 ワンボディタイプのX3CDは、実用最大出力20Wで、サイズは高さ173mm×幅340mm×奥行き90mmで、重量約2.3kg。コンパクトボディをいかしたパーソナルユースでの使用を考慮し、X3CDのみヘッドホン端子を備える。

 いずれもBluetoothのオーディオコーデックはSBCのみ対応。NFCによるワンタッチ接続が可能だ。

  • 「CMT-X3CD」。ボディカラーはブラックとホワイトの2色

  • CDは上部から挿入する

  • USBポートは背面に装備

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集