logo

宙返りや天井走行も自由自在--Parrotの小型ドローン「Rolling Spider」レビュー - (page 3)

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年09月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 残念ながら、製品に付属してくるクイックスタートガイドには、Rolling Spiderでどのような動きが可能なのか、そしてどのようにコントロールするのかは網羅されていない。しかし、アプリのヘルプガイドからすべての情報が得られるうえ、Parrotのサイトからは操作マニュアルをダウンロードでき、複数のYouTube動画にアクセスすることもできる。

 Rolling Spiderにはこの他にも、手から離れた瞬間にモーターを起動するフリーフォール離陸や、画面を数回タップするだけで完璧な宙返りを行う機能も用意されている。唯一欠けているのは動画撮影機能だ。

 静止画は真下に向けられた640×480ピクセルのカメラで撮影できるものの、上の写真を見ると分かるようにその画質は素晴らしいとは言い難い。しかし、Rolling Spiderは33フィート近く(10メートル)の高さにまで上昇できるため、場所によっては面白い写真が撮れるはずだ。実際のところ、動画撮影機能が無くてもバッテリ持続時間が短いという点を考えると、カメラの性能はこれくらいの方がよいのかもしれない。

 Rolling Spiderに弱点があるとすれば、それはバッテリ持続時間だろう。3.7Vで550mAhという小型のリチウムポリマー電池では5~8分しか飛行できず、完全充電には90分を必要とする。これは100ドル未満で手に入る他の小型ドローンでも同じだが、ドローンのパイロットになりたいという子どもにとって、待つ時間はつらいかもしれない。

まとめ

 ParrotのMiniDrones Rolling Spiderよりも優れたカメラを搭載した安価なクアッドコプターも販売されているが、この製品は安定した飛行性能と簡単な操縦性によって最も気軽に選択し、飛ばす(あるいは走らせる)ことのできる製品と言えるだろう。

提供:Joshua Goldman/CNET
提供:Joshua Goldman/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]