logo

グーグル、「防災マップ」を公開--避難場所や火災危険度など表示

井指啓吾 (編集部)2014年08月29日 16時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは8月29日、防災に役立つ地図情報を掲載した「防災マップ」を公開した。


Google 防災マップ

 同社ではこれまで、発生中の災害についての情報を掲載する「災害情報マップ」を提供していた。防災マップでは新たに、“事前に知っていると防災に役立つ地図情報”を提供する。具体的には、「東京都防災情報」と「公衆電話・特設公衆電話(東日本)」の2つだ。

 東京都防災情報は、東京都の協力により、東京都都市整備局が公開する地震に関する地域危険度測定調査と、避難場所などの概要のデータを防災マップ上に描画したもの。「避難場所」「地区内残留地区」「火災危険度」「建物倒壊危険度」「災害時活動困難度を考慮した総合危険度」の5項目を表示する。

 公衆電話・特設公衆電話(東日本)は、災害時のライフラインの一つである公衆電話の“場所データ”を、NTT東日本の協力のもとGoogle 防災マップに表示したものだ。


公衆電話・特設公衆電話(東日本)のマップ

 閲覧したい地図を選択するには、右上の「レイヤ」メニューをクリックし、「東京都防災情報」の項目にチェックをいれ、表示されたドロップダウンリストから、希望の項目を選ぶ。

 なお、8月29日~9月5日の防災週間中は、KDDIの協力により災害情報マップで「au 携帯電話サービス復旧エリアマップ」を提供する。

-PR-企画特集