サンフランシスコのApple Storeで抗議の座り込み--従業員給与をめぐり

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年08月29日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコにあるApple Storeで米国時間8月28日、抗議の座り込みが発生したため、店内は一時混乱し、逮捕者が出る騒ぎになった。この抗議活動にはおよそ50人が集結し、Appleが同社の小売店で働く契約社員らに不当に低い給与を支払っているとして非難した。

 報道によれば、抗議者はサービス従業員国際労働組合(SEIU)に所属する人々とされ、Appleが警備員などの契約従業員に対し、日常的に不当に低い給与を支払っていると話したという。組合側はまた、Appleがパートタイムの仕事に契約社員を雇用することで、従業員への給付金の支払いを回避していると主張した。

 抗議活動は1時間ほど続いたという。この抗議活動をライブでツイートしたフリーランスのジャーナリストJulia Carrie Wong氏によると、サンフランシスコ警察が同店に駆けつけ、非合法な集まりであると通告したという。本件で12人が逮捕されたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加