ソニー、4K譲りの高画質設計を盛り込んだフルHD「BRAVIA」

加納恵 (編集部)2014年08月20日 13時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「KDL-42W900B」

 ソニーは8月20日、フルHD解像度の液晶テレビ「BRAVIA」に、輝きある映像を再現する「W900B」シリーズを追加したと発表した。4Kモデル同様の「X-tended Dynamic Range」を搭載し、バックライトの電力を明るい部分に最大2倍集中させ、表現できる輝度の幅を拡大する。発売は9月13日。想定税別価格は14万円前後になる。

 W900Bシリーズは、42V型の「KDL-42W900B」の1モデル展開で、倍速パネルを採用。発売に伴い「W920A」シリーズの40V型「KDL-40W920A」のみ、生産完了となる。

 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載し、高精細映像を再現するほか、4KモデルやフルHDの上位機のみに採用されている「トリルミナスディスプレイ」により色表現力を向上。4Kテレビに採用している機能を、42V型のフルHDモデルにふんだんに盛り込んだ。

 スピーカ部には音を反響させることで、よりよい音を再生する「ロングダクトスピーカー」を備え、薄型ながら高音質を実現。独自の信号処理技術「ClearAudio+(クリアオーディオプラス)」と合わせ、最適な音を再生する。

  • コミュニケーションカメラを搭載する

 本体には約1秒で起動する「高速起動」や、テレビを視聴しながら録画番組やネット動画などをすぐに呼び出せる「番組チェック」機能を設け、ストレスのない使い勝手を提案。従来4Kモデルのみだったコミュニケーションカメラも搭載している。

 サイズは高さ59.0cm×幅96.4cm×奥行き8.1cmで、重量約12.2kg。地上、BS、110度CSデジタルチューナは各2基搭載。通常リモコンのほか、スマートフォンのようにフリック操作で使えるタッチパッドリモコンが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加