「iPhone 6」、大量生産開始に向けた最終テスト段階か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年08月14日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 6」が製品検証テスト(PVT)と呼ばれる段階に入ったと報じられている。G 4 Gamesのブログによると、中国のブログサイトWeiboが、AppleサプライヤーFoxconnの情報筋の話としてそのように述べているという。PVTとは、iPhoneの組み立てラインをフルスピードで稼働させ、製造工程に不具合が潜んでいないかどうかを確認する作業だ。少数のiPhoneが品質管理チェックのために製造され、製造工程の改善が必要であれば組み立てラインの調整が行われることもあるだろう。PVTの結果が良好であれば、ただちに大量生産が開始される。

 ただし、中国メディアが7月に伝えた記事によると、4.6インチのiPhone 6は7月に大量生産が開始され、5.5インチモデルは8月の第2週に生産が開始される予定だとされていた。いずれかの報道が正しいとするなら、それはどちらだろうか。

 考えられる説明としては、7月の記事はその時点では正しかったが、その後Appleが大量生産の遅れにつながる問題を発見した可能性がある。あるいは、この2つの記事の情報提供者のどちらか、または両方が、単に事実を取り違えたのかもしれない。


提供:Apple

 今回の記事の情報提供者は、北京郵電大学の前教授で、現在はCCTIMEと呼ばれる中国のメディアで最高経営責任者(CEO)を務める項立剛氏だ。

 iPhone 6は9月に登場すると見られており、9月9日のメディア向けイベントで発表される可能性が高いとRe/codeは報じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加