logo

MS、モバイル業界に精通したJ・スタントン氏を取締役に任命

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年07月31日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはモバイル業界についての洞察力に磨きをかけるため、取締役会に新たなメンバーを迎え入れた。

 新たに取締役会に加わったのは、John W. Stanton氏だ。MicrosoftはStanton氏について、「米国と世界のワイヤレス業界を開拓し、革新してきた人物」と説明した。

 Stanton氏は現在、Trilogy Equity Partners(ワイヤレス市場の初期段階の成長機会に投資するプライベートエクイティファンド)とTrilogy International Partners(中南米とニュージーランドで事業を展開するワイヤレス事業者)の会長を務めている。

 Stanton氏は、McCaw CellularやWestern Wireless、VoiceStream Wireless(Deutsche Telekomによって買収され、T-Mobile USAと改名された)を含むさまざまな電気通信事業者でも、さまざまな指導的役割を果たしてきた。

 直近では、Stanton氏は2008年~2013年にClearwire Corp.のディレクターと会長を歴任している。

 Stanton氏は11人目の取締役として、Microsoft取締役会の報酬委員会に加わることになる。

 取締役には現在、Microsoft会長のJohn W. Thompson氏、Microsoftの前最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏、現CEOのSatya Nadella氏、創設者のBill Gates氏などのメンバーが含まれる。

 Nadella氏は米国時間7月30日の発表の中で、次のように断言した。「われわれは、モバイル第一、クラウド第一の世界で成長し優位に立つためにMicrosoftを変えようと努力しているが、その取り組みにおいて」、Stantonの経験は「計り知れないほど貴重な資産」になるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集