logo

アップル、Swellを買収か--Google Venturesなど出資のラジオアプリ

Rich Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月29日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、ポッドキャストアプリを手掛けるSwellを買収すると報じられている。SwellはGoogleの出資を受けている。Appleは3000万ドルで同社を買収し、それに伴って同アプリを閉鎖するという。

 「Swell」は、ポッドキャストを連続的に再生することで、ユーザーが自分でポッドキャストを検索してダウンロードする手間を省く「iOS」アプリである。

 再生中のコンテンツが気に入らない場合は、スワイプして新しいコンテンツに変えることができる。すると同アプリは、ユーザーが聴くコンテンツと拒否するコンテンツに基づいて、ユーザーの嗜好を学習する。Swellは全世界で利用可能だが、米国とカナダのコンテンツを主に提供している。

 同社は以前、DFJ、InterWest Partners、Google Venturesといった投資企業から720万ドルの資金を調達している。Google VenturesはGoogleの投資部門で、投資利益の回収に加えて、将来的にGoogleに吸収できる可能性のある技術の開発を支援することを目的に、各種企業に出資している。

 Re/codeによると、Swellアプリは閉鎖される予定だという。つまり、Swellの技術は、厳しい非難を浴びたAppleの「Podcast」アプリに吸収されるか、「iTunes Radio」ストリーミングサービスの強化に利用され、おそらくはトークラジオの選択肢がさらに追加されることになると考えられる。Swellの従業員は、買収に伴ってAppleに加わるとされている。

 Appleは2014年に入り、ヘッドホンと音楽サービスを提供するBeatsを30億ドルで買収したことで注目を集めたのに続き、電子書籍推奨エンジンのBookLampを1000〜1500万ドルで買収すると報じられている。Appleは2014年に入って財務業績について語った際に、それまでの1年間で29社の企業を買収したことを明かしていた。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集