logo

Atari「E.T.」ゲームカートリッジ発掘、ドキュメンタリーの予告編が公開

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月28日 13時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年4月、ニューメキシコのごみ埋め立て地で、数百人もの人々が見守る中、1983年に埋められた大量のAtari「E.T.」ゲームのカートリッジが発掘されたが、運よくその現場に立ち会えなかった人にも、その様子を垣間見ることができるようになった。

  Microsoftの予算削減のあおりでまもなく閉鎖される予定のXbox Entertainment Studiosは米国時間7月25日、サンディエゴで開催のComic-Conで、「Atari: Game Over」の予告編第1弾を公開した。このドキュメンタリーは、かつての大人気ビデオゲーム企業に関するもので、もっと詳しく言うと、1983年に数千個、あるいは数百万個ともみられるE.T.のゲームカートリッジを埋めたことを扱ったものだ。このゲームは財政難を引き起こし、Atariが大企業として失敗した主な要因の一つと考えられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集