NASAの無重量環境訓練施設--巨大プールに作られた国際宇宙ステーションでの訓練を見学

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年07月26日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヒューストン発--もしあなたが米航空宇宙局(NASA)の一員で、国際宇宙ステーション(ISS)での任務に向かう宇宙飛行士を、ISSの無重力環境を適切に模倣した環境で訓練しなければならないとしたら、どうするだろうか。

 巨大なプールの水面から40フィート(約12.19m)下にあるISSの大規模な模型を使うというのが工夫に富んだその答えだ。

 ジョンソン宇宙センターの関連施設であり、同センターから車で20分の距離にある無重量環境訓練施設(Neutral Buoyancy Laboratory:NBL)において、NASAはまさにそのような訓練をしている。NASAはISSでの任務を控えた宇宙飛行士をNBLに連れてきて、定期的な水中訓練セッションを実施する。そのセッションで、宇宙飛行士はやがて宇宙で実行することになる手順の多くを練習できる。

 筆者はNBLを訪問し、訓練の様子と水面下に沈むISS模型の素晴らしさを間近で見学した。

 ヒューストン発--もしあなたが米航空宇宙局(NASA)の一員で、国際宇宙ステーション(ISS)での任務に向かう宇宙飛行士を、ISSの無重力環境を適切に模倣した環境で訓練しなければならないとしたら、どうするだろうか。

 巨大なプールの水面から40フィート(約12.19m)下にあるISSの大規模な模型を使うというのが工夫に富んだその答えだ。

 ジョンソン宇宙センターの関連施設であり、同センターから車で20分の距離にある無重量環境訓練施設(Neutral Buoyancy Laboratory:NBL)において、NASAはまさにそのような訓練をしている。NASAはISSでの任務を控えた宇宙飛行士をNBLに連れてきて、定期的な水中訓練セッションを実施する。そのセッションで、宇宙飛行士はやがて宇宙で実行することになる手順の多くを練習できる。

 筆者はNBLを訪問し、訓練の様子と水面下に沈むISS模型の素晴らしさを間近で見学した。

提供: Daniel Terdiman/CNET

  • このエントリーをはてなブックマークに追加