NVIDIA、ゲーマー向けタブレット「SHIELD Tablet」を発表

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉2014年07月23日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAがゲーマーに狙いを絞った新タブレット「SHIELD Tablet」は、派手な仕様や機能が満載だが、問題は買い手がどれだけいるかという点かもしれない。

 カリフォルニア州サンタクララの半導体メーカー、NVIDIAの主力事業は他社デバイス向けのチップの供給だが、近年は独自のハードウェアの生産にも乗り出しており、パワフルな「Tegra K1」(GPUは192 Nvidia Cudaコア)モバイルプロセッサを搭載する「Android」タブレットのSHIELD Tabletは、同社の最新の製品だ。約300ドルで販売されるSHIELD Tabletは、8インチのフルHD(1920×1200ピクセル)液晶ディスプレイと前面ステレオスピーカーを搭載し、スタイラスが付属する。ユーザーはまた、NVIDIAが設計したワイヤレスコントローラを60ドルで別途購入できる。


新タブレット「SHIELD Tablet」
提供:CNET

 SHIELD Tablet担当ゼネラルマネージャーのMatt Wuebbling氏は先週、米CNETの取材に応え、次のように述べた。「出先でゲームをする人にとって、最高のパートナーになるだろう。タブレットを求めているゲーマーにとって、これは完璧なタブレットだ」

 NVIDIAが2013年に発売した約200ドルの携帯ゲームシステム「SHIELD」は、SHIELD Tabletの追加に伴って名称が「SHIELD Portable」に変更された。これらの製品群は、優れたグラフィックスチップで知られるNVIDIAが、伝統的な市場の枠を超えて、消費者と直接関わろうとする取り組みを示すものだ。NVIDIAのGPUは好調に売れ続けているが、PC市場が減速したり、ライバルであるIntelやAMDがプロセッサのグラフィックス性能を向上させたりする可能性もあり、いつまでも好調でいられるとは限らない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加