マイクロソフト、「忘れられる権利」の要請受付を開始--グーグルに続き

Jo Best (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年07月18日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleに続いて、Microsoftも「忘れられる権利」の要請受付を開始した。

 Microsoftは、申請用のフォームを設置した。フォームからは、個人が、自分の名前をBingで検索した結果に表示されるページのうち、一部ページへのリンクを提供することをやめるよう要請することができる。

 この措置は、欧州司法裁判所の判決を受けて、先週発表された。欧州司法裁判所は2014年5月、EU市民は検索エンジンに対し、自分の名前で検索した結果に含まれる特定のリンクについて、情報が古い場合や、すでに適切でない場合、行き過ぎている場合には削除を要求できるとする判決を出した。

 Googleは、5月の判決を受けたリンク削除の受付をすでに開始しており、すでに7万件の要請を受け取っていると見られている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加