logo

グーグル、スマートコンタクトレンズ開発でアルコンと提携

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月16日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのコンタクトレンズ技術が、糖尿病患者の体調管理を支援する段階に一歩近づいた。

 米国時間7月15日に発表された提携で、スイスの製薬会社Novartisのアイケア部門であるAlconが、Googleの研究部門であるGoogle Xから、スマートレンズ技術のライセンス供与を受けることになった。この合意の下、NovartisとGoogleは、特定の疾患に対処するための実際のスマートレンズ開発に向けて協力する。

 この技術の大きな目的は、糖尿病患者を支援することだ。現在、糖尿病患者は血糖値を測るために、日に何度も自分の皮膚に針を刺さなければならない。この作業は、時間がかかる上に苦痛をともなう可能性がある。しかし、血糖値を常にモニタリングしておかなければ、糖尿病患者は目や腎臓、さらに心臓に悪影響が及ぶという危険にさらされることになる。

 より影響の小さい解決法として、Googleのスマートレンズ技術は目の中の涙液を継続的に測り、血糖値をトラッキングする。こうした計測結果は、モバイル機器を通じてワイヤレスでユーザーに送られることになる。


血糖値を測定できるGoogleのコンタクトレンズのプロトタイプ
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集