logo

「iPhone 6」、5.5インチモデルは2015年に登場か

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月15日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うわさされている「iPhone 6」のうち大型でファブレットに似たバージョンは、製造上の深刻な問題に直面しており、リリースが2015年に延期されるか、あるいは、初期販売台数が限定される可能性があると、著名なAppleアナリストが主張している。

 KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Appleが抱えている問題は、予測されている4.7インチのiPhone 6よりも、5.5インチ版において深刻で、遅延につながる恐れがあると思うと調査メモに記しているという。MacRumorsとAppleInsiderが米国時間7月13日に報じた

 MacRumorsはKuo氏のレポートを引用して、「同アナリストは、5.5インチのiPhone 6が2014年末までに登場しないか、または、台数が非常に限られた状態で10月以降に登場する可能性があると考えている」と報じた。

 問題は、インセルタッチディスプレイパネルに関連する技術と、金属筐体にあるという。

 また、傷がつきにくい5.5インチのサファイアカバーガラスがディスプレイに採用されるとうわさされているが、「近いうちに落下試験に簡単に合格する」ことはない可能性があると、AppleInsiderはKuo氏の話として報じている。

提供:Apple
iPod touch。iPhone 6は、おそらくiPod touchと同様に非常に薄型になると予想されている。
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集