logo

D2Cが中国のスマホゲーム市場に参入--合弁会社を設立

藤井涼 (編集部)2014年07月11日 14時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 D2Cは7月11日、中国のスマートフォン向けゲーム市場に参入することを発表した。中国の大手メディア・文化産業グループである上海文化広播影視集団有限公司(SMG)傘下の上海東方明珠文化発展有限公司(OPCD)と、6月28日に合弁会社「上海东方明珠迪尔希文化传媒有限公司」を、上海の自由貿易試験区に設立している。

 合弁会社では、ゲーム開発をはじめ、D2Cや日本企業が開発したスマートフォンゲームのローカライズやパブリッシング、iOS、Androidのプラットフォームを通じた課金ビジネスなどを展開するとしている。資本金は5000万元(約8億2500万円)で、D2Cが40%相当額(2000万元)、OPCDが60%相当額(3000万元)をそれぞれ出資。CEOには、D2C コンシューマ事業本部長の山口哲也氏が就任する予定だ。

 中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)などによれば、中国においてオンラインゲームやスマートフォンゲームの市場が急速に拡大しているという。特にスマートフォンゲームの市場規模は、2013年に112億4000万元(約1855億円)に到達し、2014年には200億元(約3300億円)を超えると予測されている。また、スマートフォンゲーム利用者数は、2013年には前年比54.7%増の2億1500万人まで拡大しているという。

-PR-企画特集