logo

アップル、高級腕時計メーカーTag Heuerのセールス幹部を採用

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2014年07月07日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、スイスの高級腕時計メーカーTag Heuerの上級セールス幹部を雇用した。同社は10月のスマートウォッチ発売に向けて準備を進めているとされている。

 Tag Heuerを傘下に置く高級ブランドのコングロマリットLVMHの腕時計ブランドを統括するJean-Claude Biver氏が米国時間7月4日、AppleがTag Heuerのセールスディレクターを採用したことをCNBCに明かした。その後、Appleを中心とした記事を取り扱う9to5Macは匿名情報筋の話として、新たに採用されたのがTag Heuerのセールスおよびリテール担当バイスプレジデントを務めるPatrick Pruniaux氏であると報じた。続いてReutersがこれを確認した。

 CNBCによるとBiver氏は、「直接の競合企業だったならば、やや裏切られた気がしただろう。しかし彼がAppleに行くというのならば、彼にとって素晴らしい経験になると思う」と述べたという。Biver氏はReutersに対し、スイスの腕時計メーカーらはAppleに注意しなければならないとも述べた。

 「『iWatch』は特に最初は、ステータスシンボルとして他の多くのApple製品と同等の力を持つことになるだろう」と同氏はReutersに述べた。「個人的には、iWatchはこの業界に対する脅威となる可能性を秘めており、ただ手をこまぬいているわけにはいかないと思う」(Biver氏)

 iWatchは9月か10月に発売されると一般的に予測されている。


2009年にロサンゼルスで掲げられたTag Heuerの広告。Tiger Woods氏は同社の高級腕時計の1つに自身の名前を提供した。
提供:David McNew/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集