新たなビットコインATM「ラマス」が日本に--9月中旬にレンタル開始

井指啓吾 (編集部)2014年07月04日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来夢は、ビットコインATM「ラマス」を輸入したと発表した。同機で日本初となるオペレーター業務と事業者向けレンタル業務を9月中旬に開始する予定で、業務開始前から予約を受け付けるという。同社は過去に「ロボコイン」というビットコインATMも輸入しており、そのイベントを4月25日に三重県鈴鹿市で開催していた。

  • ビットコインATM「ラマス」

  • 利用イメージ

 ラマスは、米国Lamassuがポルトガルで製造するビットコインATM。ビットコインの“買い”のみの機器であり、ビットコインを“売って”日本円に換金する機能はない。サイズは幅36cm×高さ48cm×奥行き27cm。来夢によるレンタル時には、筐体1台とともにスタッフ1人を派遣する。対象地域は全国で、100V電源とWi-Fi接続がのある環境が必須となる。費用などは後日公表するとのこと。

 また、コンサルティング業務として、筐体の設置から使用方法の説明、不正取引防止としての顧客確認とマネーロンダリング防止対策のノウハウの伝授、その他運営実務を行うという。

 なお来夢は、「価値記録の価格は乱高下が激しいため、売買は自己責任で」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加