logo

グーグル、「Android TV」を発表--テレビ分野で3度目の挑戦

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月26日 08時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月25日、「Android TV」という新しいテレビセットトップボックス関連のイニシアチブを発表した。顧客に対するエンターテイメントの中心的ハブになることを目指す、同社最新の取り組みの1つである。

 Googleは、スマートフォンやタブレットがテレビと互いに通信して、ビデオ検索や再生の制御、ビデオゲームの操作といったさまざまな処理を行うソフトウェアを開発したことを明らかにした。テレビをスマートウォッチで制御することもできるという。

 Google幹部のDave Burke氏は、「テレビは急速な勢いでスマートになり、(他の端末との)接続が進んでいる」と述べた。

 この動きは、同社のソフトウェアとサービスをコンピュータ、タブレット、スマートフォン以外にも拡大しようというGoogleの取り組みの一環である。たとえば同社は25日、サンフランシスコで開催されている同社の開発者会議Google I/Oにおいて、ウェアラブル機器や自動車などを対象とした取り組みを説明している。

 GoogleはAndroid TVを擁してパートナー企業とともに、インターネットとテレビと接続を目指すApple、Amazon、Rokuといった多数のライバル企業との競争を熾烈化させることになるだろう。

 今回の取り組みは、Googleがこれまで推進してきた中でも規模の大きなものだが、初めての試みではない。Googleは2010年の「Google TV」で、初めてテレビ事業への参入を図った。Google TVは、テレビ番組表に簡単にアクセスし、テレビからウェブに完全にアクセスすることを可能にする独立したソフトウェアパッケージだったが、取り組みは失敗に終わった。そして2013年、「Chromecast」で再度参入を試みた。Chromecastはテレビに挿し込むドングルで、コンピュータ、タブレット、スマートフォンから音楽、ビデオ、写真をテレビ画面に映し出す。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]