logo

ソニー、約1秒の高速起動“待たずに見られる”BDプレーヤー

加納恵 (編集部)2014年06月25日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月25日、約1秒以下という高速起動を実現したBDプレーヤー「BDP-S6200/S1200」を発表した。ディスクローディング時間の短縮にもこだわり、ストレスの少ないBD視聴を実現する。発売は7月26日。想定税別価格はS6200が2万円前後、S1200が1万3000円前後になる。

  • 「BDP-S6200」

 両機種ともに起動1秒以下、ディスクローディング約34秒という高速起動、再生を実現。ソフトウェアの変更により、2013年モデルに比べ高速化を実現した。

 「1080/60pプログレッシブハイビジョン出力」「プレシジョンシネマHDアップスケール」などを備え、BDやDVDだけではなく、YouTubeなどのネット映像に対しても高画質機能を強化。データ量の少ないネット映像も高画質再生ができる。

 上位機となるS6200のみ、フルHD映像信号を補完して4倍の画素にする4Kアップスケーリング機能を搭載。独自の映像用階調補完技術「Super Bit Mapping for Video(SBMV)」も備え、なめらかなグラデーション表現を可能にする。

  • 「BDP-S1200」

 BD、DVD再生のほか、192KHz/24bitのWAV、FLACなどのハイレゾ音楽ファイルの再生にも対応し、S6200では2.8MHz/1bitのDSDファイルもサポート。独自の「デジタルミュージックエンハンサー(DME)」により、MP3やWMAなどの圧縮音源も高周波数帯域を再現し、臨場感ある音を再現する。

 S6200は無線LAN、S1200はLAN端子を搭載し、ネットワークへの接続も実現。S6200のみ、DLNAに対応しているほか、スクリーンミラーリングによるスマートフォンとの連携も可能だ。

 両機種ともに、前モデルを踏襲したカットデザインを採用。S1200は幅26.5cmのコンパクトモデルになる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]