logo

グーグル、Google I/Oで車載「Android」インターフェースを発表か

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月25日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは1月、2014 International CESで、自動車メーカーによるコンソーシアム「Open Automotive Alliance」を発表した。このコンソーシアムは、自動車向けに「Android」を組み込む開発のために発足した。米国時間6月25日に開幕するGoogleの開発者会議「Google I/O」では、この取り組みの成果が見られそうだ。

 Googleの自動車分野での取り組みはAppleのすぐ後を追随している。Appleは2013年、同社モバイルOS「iOS 7」について同様のことを発表し、続いてジュネーブオートショーでは「Apple CarPlay」をデモンストレーションした。

 25日のI/Oカンファレンスでは、事前プレス向け資料に掲載されている「Google Auto Link」と呼ばれる車載Androidインターフェースが、初めて公開される可能性が高い。

 Automotive Newsの記事では、情報筋の話として、Google Auto LinkがI/Oで披露されると伝えているが、Googleはコメントを提供していない。このAutomotive Newsの記事では、Google Auto LinkはApple CarPlayと同じように機能するとされている。つまり、スマートフォンはナビゲーションなどの機能を提供するコンピューティングプラットフォームとして使われ、自動車のタッチスクリーンとダッシュボード制御はインターフェースとして使われるという。

 Audiは米CNETに対し、25日11:30頃にプレスカンファレンスを開き、新技術を発表すると伝えた。このカンファレンスはGoogle I/Oの基調講演の後に開催される予定で、このことはAudiがGoogle Auto Link技術に関わっていることを示唆している。AudiはかつてGoogleと協力し、Audiのコネクテッドナビゲーションシステムへの「Google Earth」と「Streetview」の統合を実現したことがある。


Google Auto Linkは、Android端末からダッシュボード上のナビゲーション画面を支援する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]