logo

アップルの地図サービス「Flyover」で“日本”初対応--東京の一部

坂本純子 (編集部)2014年06月23日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは6月21日、3Dに対応した写真地図「Flyover」に東京の一部エリアが対応したことを明らかにした。

Macの「マップ」から皇居周辺を見たところ
Macの「マップ」から皇居周辺を見たところ

 空から見下ろすように新宿などの高層ビル群を眺められ、グーグルのストリートビューとはまた異なる楽しさがある。ピンチイン・ピンチアウトで拡大や縮小が可能。皇居周辺も3Dに対応しており、徒歩では見られない風景が見られる。

 Flyoverは、2012年のWWDCで発表され、同年9月に提供されたiOS 6から搭載している機能だ。しかし、対応しているのは米国など一部の地域に限られており、日本は対象外だった。

 MacまたはiOSの「マップ」から見られる。iOSでは「i」ボタンから「航空写真」を選択し、ビルのマークをタップすると3Dに変わる。なお、ビルのマークが出てこない地域(3Dと表示される)は対象外のようだ。

  • iOSからも見られる。iマークをタップして航空写真を選択

  • このビルのアイコンをタップすると、3Dモードに切り替わる

  • 表参道界隈も3Dに対応。Apple Store表参道のあたりを検索してみたところ、まだ建設される前のデータのようだ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]