logo

グーグル、スタンドアロンのメールアプリを公開--Yahooなどのメールも取得可能

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年06月20日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Android」ユーザーのために動いた。Androidの標準メールアプリを分離し、「Google Play Store」で公開したのだ。「メールアプリはすでにあるけど?」と思うかもしれない。その通りだ。違いは、今回のメールアプリがAndroidプラットフォームに縛られておらず、独立して機能する点だ。

 標準の「Gmail」アプリと違い、公開されたメールアプリは汎用インボックス方式を採用しており、「Yahoo」「Outlook」および「Hotmail」からメッセージを取得できる。IMAP、POP3、および「Microsoft Exchange」アカウントに対応しており、同期するフォルダを決めることも可能だ。

 メールアプリをAndroidプラットフォーム本体から切り離すことで得られる大きなメリットの1つは、Android全体のアップデートを待たずにメールアプリをアップデートできることだ。このスタンドアロンのアプリならば、OSの他の部分に影響を与えることなく、すぐにパッチをあてて修正できる。公開された最初のバージョンの注目すべき「アップデート」としては、Gmailのセキュリティ強化、アカウント設定の簡易化、プリント機能などがある。

 これは指摘しておいた方がいいだろう。すべてのAndroidユーザーがこのメールアプリを利用できるわけではない。今のところこのアプリが使えるのは、最近の「Nexus」端末と一部の「Google Play Edition」のスマートフォンだけだ。筆者は、Googleが今後対象を広げ、このメールアプリが使えるデバイスを増やすと推測している。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]