logo

ソニー、買った後でも進化する--「アクションカム」などアップデート

加納恵 (編集部)2014年06月18日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、ビデオカメラ「ハンディカム FDR-AX100/HDR-CX900」「アクションカム HDR-AS100V」にソフトウェアアップデートを実施すると発表した。4Kコンテンツの保存、再生環境を整備するほか、アクションカムのみでのストリーミングを実現する。

 本体とPCをUSB接続してアップデートでき、ソフトウェアアップデート(ハンディカムアクションカム )は同日から公開している。

 AX100/CX900では、4K撮影時に使用するXAVC S形式での保存、再生環境を拡充。従来、外付けHDDにはPC経由で保存する必要があったが、アップデートによりビデオカメラ本体と外付けHDDをUSB接続することで、保存できるダイレクトコピー機能を追加した。

 再生時にも外付けHDDとビデオカメラ本体をUSBで接続し、ビデオカメラとテレビをHDMI接続することで、XAVC S形式の視聴が可能。4K対応の「BRAVIA」へは、7月上旬に実施されるBRAVIAのアップデートにより、外付けHDDとBRAVIAを直接USB接続することで、4K 24p/30p 60Mbpsまでのコンテンツを再生できるようになる。

 あわせて使い勝手も向上する。オートフォーカス性能を改善し、動く被写体への追随性を高めたほか、動画記録時のズームスピードを改善。スタンバイ時と同じスピードでズームができるようになった。このほか、フリッカー対策のため、シャッタースピードに50分の1モードを追加している。

  • 「FDR-AX100」

  • 「HDR-CX900」

アクションカム1台でライブストリーミングが可能に

 AS100V/100VRでは、発表当時にアップデート対応を表明していた高速連写モードやライブストリーミング機能などを追加する。

 ライブストリーミング機能では、USTREAMに対応し、初回のみPCでセットアップするだけでライブストリーミング配信をサポート。視聴者数はモニタ上に表示され、配信後は友人のコメントなどをチェックすることが可能だ。

 高速連写モードでは、1秒間に最大10枚の連写を実現。連写速度は1秒間に10枚、5枚、2枚の3つから選択が可能だ。有効画素数は1350万画素。10秒、2秒から選べる静止画のセルフタイマー機能も備える。

 アクションの軌跡を1枚の静止画として生成できる「モーションショットLE」機能も追加される。これは10枚連写して撮影した静止画を1枚に合成することで、動きのある写真を保存できる機能。連写速度は1秒間に10枚、5枚、2枚の3つから選択でき、有効画素数は330万画素。スポーツのフォームを確認したり、今までにない写真撮影が楽しめる。

 また、ライブビューリモコンも進化する。従来、最大5台までの複数台接続はAS100Vのみとしていたが、アップデートによりAS30Vでの使用も可能になる。AS30Vからの買い増しのユーザーにも、便利な機能を対応した形だ。

  • 「HDR-AS100V」

  • ライブストリーミング中は「ONAIR」と表示される

  • モーションショットLE撮影時

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]