logo

mixiへの「不正ログイン」なおも継続中--約26万アカウントに被害

井指啓吾 (編集部)2014年06月17日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは6月17日、SNS「mixi」において発覚した不正ログインの被害状況を発表した。外部からの攻撃は継続しており、対象者も拡大している状況だという。

  • ミクシィによる発表

 6月16日24時時点で、不正ログインを受けたID数は26万3596アカウント、不正ログインの試行回数は約430万回。課金やmixiポイントの不正利用は確認していないという。なお、ミクシィのシステムではユーザーのクレジットカード情報は保有しておらず、影響はない。

 ミクシィによると、5月30日に疑わしいIPからの攻撃があり、6月2日にユーザーからの問い合わせを受け詳細な調査を行ったところ、不正ログインを確認したという。

 同社では対策として、不正ログイン対象ユーザーのうち1カ月以内にmixiにログインしているユーザー(7万8058アカウント)にmixiメッセージでパスワードの変更を依頼したほか、不正ログイン対象ユーザーのうち1カ月以内にmixiにログインしていないユーザー(16万7617アカウント)のログインを一時停止した。

 また、全ユーザーに対し、他社サービスで使用しているメールアドレスやパスワードの使い回しを避けるよう、mixiトップページに告知を掲載。不正ログインを試みるIPに対しては、アクセス制限を実施したという。

 ミクシィではユーザーに対し、他社サービスと異なるパスワードを設定するよう呼びかけている。なおmixiには、普段と違うPCやスマートフォン、場所からログインがあった場合に登録メールアドレスに通知する機能があり、これも活用できるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]