スマホ時代に求められる有料サービスとは?--ドコモ・ドットコム利用動向・意識調査 - (page 2)

後藤京子(ドコモ・ドットコム)2014年06月10日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の有料サービスに求められるものとは

 スマートフォンの有料サービスにおいては、どのようなニーズがあり、どのような工夫が必要なのだろうか。ここからは、スマートフォン有料サービスに対する今後の意向などについて考察を進めていく。

 電子書籍や電子新聞、音楽・動画配信サービスなど既にデジタル化が進み、サービス提供されている有料コンテンツは多岐にわたっているが、これまで利用していたリアル商品からデジタルサービスへの移行意欲について聞いてみたところ、全体的にはまだそれほど高い移行意欲は感じられない結果となった。とはいえ、図には示していないものの、10代においては「音楽」「ドラマ」「コンサート映像」「映画」などの利用意向が高く出ていたほか、男性40代以降においては「新聞」が高いなど、年代別に異なる特色が現れている。リアル媒体からデジタル媒体への移行については、このような年代別のニーズの高まりとともにゆるやかに進むのではないかと想定される(図:7)。

図7:今後切り替えてみたいデジタル有料サービス
図7:今後切り替えてみたいデジタル有料サービス

 反対に、デジタル媒体に切替えない理由について聞いてみたところ、「電子版では読みにくい・見にくい」「スマホでの利用だと電池容量が気になる」「画面が小さいから/もっと大きな画面で見たい」といった視覚面、電池消費に対する意見が目立っている(図:8)。

図8:オンラインの有料サービスにスイッチしない理由
図8:オンラインの有料サービスにスイッチしない理由

 また若年層を中心に「電子版だと形に残らないため、所有感がない」といった理由も上位に挙がっており、形あるものに対するこだわりも感じられた。好きなアーティストや作品などといった実際の「もの」に対するこだわりについては致し方ないところだが、前述の読みにくさや見にくさ、電池消費などについての不満は、今後スマートフォン利用に慣れるに従って徐々に解消されていき、それに伴ってデジタルサービスへの移行が進んでいくのではないかと想定される。

 図7で示した「今後切替えてみたいデジタル有料サービス」の結果においても、未だサービスを利用したことのないユーザーが多数存在し、実際の利便性を享受した経験が少ないと思われることからも、いかにしてサービスを試してもらい、その利便性を感じてもらうか、という点も重要と思われる。

 更に、今後「有料でも使ってみたい」スマートフォンのサービスについて聞いてみたところ、「音楽鑑賞」「ゲーム」「映画視聴」などといった趣味やエンタメ系ジャンルが上位となったが、男性においては、「語学」「貯蓄/資産運用」「仕事/ビジネス」「株取引/FX」などといった自己啓発やビジネスに関連するジャンルへの意向もやや高く出現した(図:9)。

図9:今後使いたい有料サービス(上位20ジャンル)
図9:今後使いたい有料サービス(上位20ジャンル)

 また、自由回答にて「運動と連携した健康アプリ(男性・44才)」などといったヘルスケア関連や、「子どもがぐずった時に役立つコンテンツなど、子育てについての内容が充実している物(女性・27才)」といった育児に関連する意向も散見されている。今後は趣味やエンタメなどにとどまらず、ビジネスやライフスタイルなど幅広いジャンルや生活をより便利にしてくれるサービス、専門的な情報や機能を持ったサービスなどの利用ニーズが更なる高まりを見せるのではないか。このようなニーズを鑑みつつ、適正な価格設定やサービス内容の充実、お試し利用の設置などにより、より多くの有料サービス利用機会、並びに長期に渡る利用を促したいところである。


調査対象:15歳以上69歳までのスマートフォンを所有する男女個人/スマートフォン課金サービス利用経験者
調査地域:全国
有効回答数:600サンプル
※事前調査における「スマートフォン課金サービス利用経験者の性年代別出現割合」を構成比として、下記の割り付けにて回収
調査実施期間:2014年4月11日(金)~14日(月)
調査方法:インターネット調査
調査実施機関:ドコモ・インサイトマーケティング

※「スマートフォンレポート」は、5月27日発行の5月号(Vol.12)を最終号とし、休刊することになりました。それに伴い、この連載も今回をもちまして休載となります。ご愛読いただきありがとうございました。

ドコモ・ドットコム発行「スマートフォンレポート」
ドコモ・ドットコム発行「スマートフォンレポート」
端末の販売動向やユーザーの利用動向などといった、スマートフォンに関する独自調査分析レポートを中心に、NTTドコモへのインタビュー、モバイル広告やメールマーケティング施策に関する記事等を掲載する、モバイルビジネス・マーケティング情報誌。最新号である5月号(Vol.12)は5月28日より配信中。紙媒体ではなく、PDF形式のデジタルメディアとなっており、ウェブサイトにて無料会員登録を行えば、誰でも完全無料にて、すぐにダウンロード・入手可能。バックナンバーも全て入手できる。

■「スマートフォンレポート」ダウンロードはこちらから  

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]