logo

「iOS 8」搭載「Photos」アプリと「iCloud Photo Library」--アップルの写真管理機能はこう変わる

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月06日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 8」用の新しい「Photos」アプリと「iCloud Photo Library」は、単に共有用ストリームとしてだけでなく、ユーザーが所有する全「iOS」デバイスにわたって写真すべてを整理することを約束する。

 iCloudの写真同期機能は現在、最大1000枚の写真を保存するだけで、各写真は30日間だけ保存される。これは、同機能をバックアップストレージとして使っている場合、大きなデメリットである。一方、iCloud Photo Libraryは、ユーザーが所有する写真およびビデオをすべて保存する。これにはRAWファイルも含まれる。そのため、ユーザーは、自分の写真やビデオをいつでも時間的制約なしに閲覧したりダウンドーロしたりできる。

 ただし、これは、少なくともiCloudアカウントで与えられる最初の無料ストレージ容量5Gバイトを使い切るまでだ。最大ストレージ容量に達したならば、支払いが必要になるだろう。20Gバイトが月額1ドルで200Gバイトが月額4ドルだ。Appleによると、利用料は最大1Tバイトまで定められているという。


提供:Tim Stevens/CNET

 iCloud Photo Libraryは、保存とファイル同期をする以外に、整理上の変更点も把握する。つまり、ユーザーのあるデバイス上で「Moments」「Collections」「Years」に加えた変更は、iCloud Photo Libraryを使った同期によって、そのユーザーが所有する他のデバイスすべてに反映される。

 ユーザーが所有する非常に多くの写真のなかから必要なものを探すことを支援するため、Appleは、よりスマートな検索機能をPhotosアプリに搭載した。検索は、日付や時間、場所、アルバム名から可能で、近隣の場所で撮影された写真や前年同時期に撮影された写真などのサジェスチョンを表示する。

 同アプリの編集用ツールもアップデートされている。例えば、Photosは、写真を自動的に真っすぐにしたり、切り取ったりすることができる。新しいスマートなツールは、画面を指でドラッグするだけで露出、輝度、コントラストの調節が可能だ。また、特定の事柄について調整したいなら、より細かなコントロールへのアクセスも可能だ。

 また、Appleが選んだフィルタや効果にアクセスできるのに加え、iOS 8は、アプリ開発者が自身のフィルタをPhotosアプリに統合することを可能にしている。iCloud Photo Libraryで写真に加えた他の変更同様に、修正はユーザーが所有するデバイスすべてに同期される。そのため、ユーザーが自身のiPhoneで開始した修正をiPadで開いてそのまま続けたり、または、元に戻したりすることができる。iOS 8での修正は、オリジナルを保持するからだ。

 Photosの新しい編集機能とともにiOS 8の「Camera」アプリは新しいこま撮りモードを搭載する。Appleによると、このモードは、ダイナミックに指定した間隔で写真を撮影し、その写真をつなげてビデオの形式にするという。ユーザーは、写真を撮影する時間を設定し、録画用ボタンを押すだけだ。あとはカメラがやってくれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集