logo

「Google Glass」、デザイナーフレームを追加へ--よりオシャレなウェアラブルを目指す

Luke Westaway (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月04日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Glass」プログラムにデザイナーフレームが加わった。Googleのハイテクメガネにファッション性を取り入れることが目的だ。

 同社がGoogle Plusの投稿で明らかにしたところによると、流行を取り入れたアイウェアのデザインを手がけたのは米国のDiane von Furstenbergで、製品はGoogleのオンラインサイトで米国時間6月23日に発売されるという。5種類のフレームに8種類のシェードが用意される。

 Google Glassは、同社がウェアラブル技術と総称される概念の世界に初めて投入する製品。このメガネは、コンピューティングユニットと利用者の視界に入るよう情報を表示する小さなディスプレイを搭載し、音声コマンドや側面のタッチパッドによる操作が可能となっている。

 Diane Von Furstenbergは過去にもGoogle Glassプロジェクトと協業しており、2013年にはおしゃれなアイウェアを装着したモデルをファッションイベントに登場させている。Google Glassは2014年に入ってから、1500ドルという高価格で発売されている。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]