logo

アップル、「Metal」APIを発表--「iOS」向けゲームを強化

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2014年06月03日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月2日、サンフランシスコで開幕した同社年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」において、強力な開発者ツール「Metal」を発表した。Appleは、今秋リリース予定の次期モバイルOS「iOS 8」において、高速なパフォーマンスとグラフィックス強化を実現し、「iPhone」「iPad」の各ハードウェアをより効率的に利用するタイトルを提供し、ゲーム事業の拡充を図る意向だ。

 AppleがMetalで狙うのは、「OpenGL」と呼ばれる業界標準の3DグラフィックスAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を、ゲームソフトウェアとAppleの「A7」モバイルプロセッサの間をつなぐ自社開発のAPIに置き換えることだ。「iPhone 5s」端末、「iPad Air」、および「iPad mini」タブレット最新版に搭載されているA7は、2013年秋のリリース当時、モバイルゲームの分野にそれまでなかった64ビットアーキテクチャをもたらした。

 しかし、そのせっかくの威力も、A7を活用し、パフォーマンスとグラフィックスの著しい向上をGPUから引き出す開発者プラットフォームが存在しないために、大部分が手つかずのままだ。AppleはそこをMetalで補おうとしている。

 登壇したAppleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントCraig Federighi氏は、Metalはドローコールを現行の最大10倍に高速化し、OpenGLと比較してオーバーヘッドを大幅に減らせると述べた。開発者用語を使わずに言うと、これはすなわちゲームがAPIによって足を引っ張られず、A7の馬力をより多く活用できることを意味する。

 Metalのデモを披露する際、AppleはEpic Gamesの共同創設者で最高経営責任者(CEO)のTim Sweeney氏を呼び込んだ。Epic Gamesが手がけるゲームエンジン「Unreal Engine」は、「Gears of War」から「BioShock」まで多数のゲーム機およびPC向けゲームに広く利用されており、また人気の「iOS」向けゲームシリーズ「Infinity Blade」開発者として、同社はAppleとモバイル分野で長年のパートナー関係にある。

 Sweeney氏は、Metalがレンダリング効率を10倍向上させることについて、「驚異的なブレークスルー」だと述べ、Epic Gamesのスタッフがインタラクティブな「Zen Garden」アプリを使ってMetalのデモを披露した。このアプリは今秋iOS 8の登場に合わせて無料でリリースされる予定だ。


提供:Tim Stevens/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]