logo

Facebook、欧州の独占禁止当局にWhatsApp買収の審査を要請

Rich Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月29日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルネットワークのFacebookは190億ドルでのWhatsApp買収について、欧州当局による審査を要請した。この買収に関するさらなる調査を回避するためである。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、Facebookは欧州連合(EU)で独占禁止法を執行する権限を持つ欧州委員会に対し、自ら審査を要請したという。欧州の中心的な機関に審査を直接要請し、願わくば承認されることによって、それぞれの国での調査を回避したいと考えている。これによって長い目で見れば、Facebookで法的業務に携わる社員の面倒な作業が大いに軽減される可能性がある。

 Facebookは、爆発的な人気を誇るメッセージングアプリWhatsAppの買収に、同社市場価値のおよそ10%という、めまいがするほどの大金を注いでいる。この買収が成立すれば、特に新興市場において、メッセージング市場のかなりのシェアを獲得することになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]