logo

バッファロー、DTCP-IP対応で録画番組も持ち出せるポータブルHDD

加納恵 (編集部)2014年05月28日 17時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HDW-PDU3シリーズ」

 バッファローは5月28日、DTCP-IPに対応したWi-Fi接続ポータブルHDD「HDW-PDU3シリーズ」を発表した。録画した番組をムーブして外出先から視聴できる。発売は6月下旬。1Tバイトの「HDW-PD1.0U3」(税別価格:2万7700円)と、500Gバイトの「HDW-PD500U3」(同:2万2100円)の2モデルをそろえる。

 HDW-PDU3シリーズは、Wi-FiとUSB3.0で接続できるポータブルHDD。PCやMacの外付けHDDとして使用できるほか、スマートフォン、タブレットのHDDとして使える。

 無料の専用アプリ「Ministation Air2」を使用すれば、HDD内に保存した画像や音楽ファイル、動画ファイルなどを閲覧することが可能。DTCP-IP対応のテレビやデジタルレコーダーで録画した番組を持ち出し、有料のプレーヤーアプリ「Twonky Beam」で視聴することもできる。

 サイズは高さ18mm×幅84mm×145mmで、重量約265g。電池容量3020mAhのリチウムポリマバッテリを内蔵し、モバイルバッテリとしても使用することが可能。最大約12時間の連続動画再生に対応する。

  • 重量約265gの軽量スリムデザイン

  • モバイルバッテリとしても使用できる

  • Wi-Fiルーターとの接続はAOSS対応

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]