logo

グーグル、「Chrome OS」のスキャン機能サポートを準備か

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年05月26日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社が開発しているブラウザベースのOS「Chrome OS」を搭載したデバイスで実行できないタスクを、徐々にではあるが確実に減らしている。その最新の例は、スキャナのサポートだ。

 現在のところ、「Chromebook」および「Chromebox」のユーザーがスキャナを使用するには、通常は「Windows」「OS X」「Android」「iOS」のいずれかを搭載するマシンに移動しなければならない。ユーザーにとってこれは面倒であり、Chrome OSの競争力も損なわれる。

 だが、「lorgnette」という技術を使えば、Chrome OSでスキャナが使用できる。さらにGoogleは、この新しいサービスをウェブアプリで利用できるAPIにも取り組んでいる。

 Googleの従業員でChromeウォッチャーのFrançois Beaufort氏は米国時間5月23日、あるメーリングリストに投稿された22日付のメールで、このインターフェースに関する記述を発見した。Beaufort氏によると、このインターフェースを使うことで、ウェブアプリケーションがUSBやネットワークで接続されたスキャナを認識し、スキャンされたイメージを取得できるという。

 このインターフェース案は、ウェブアプリケーションでGoogleのlorgnetteソフトウェアや他社製OSのスキャン用ソフトウェアを利用できるようにするものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]