logo

グーグル、「Chrome OS」で音声検索を可能に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2014年05月22日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音声検索機能の拡大を進めているGoogleが、「Ok Google」コマンドを使って「Chrome OS」から検索を開始できる機能を追加した。

 新たにリリースされたChrome OSのバージョン35では、「New Tab」(新しいタブ)やGoogle検索のページ(すでに検索結果が表示されているページを含む)に音声検索を可能にする「ホットワーディング」機能のサポートを追加した。


「Ok Google」という音声検索コマンドを使って、Chrome OS上で検索を開始することが可能になった。
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 この機能を使用するには、Chrome OSの詳細設定にある「プライバシー」セクションで、チェックボックスをオンにして「Ok Google」音声検索機能を有効にする必要がある。この機能は2013年11月に「Google Chrome」ブラウザに追加されたもので、言語設定が英語(アメリカ合衆国)になっているユーザーが利用できる。


プライバシー設定で、「Ok Google」機能を有効にする必要がある。
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 「Ok Google」と話しかけるホットワーディング機能を使うと、たとえば料理中で両手が汚れているユーザーや、上手にタイプできない子どもなどが手軽に検索を立ち上げることができる。しかし、ときには言葉を聞き間違えたり、話が終わったのかどうか理解できなかったりするなど、まだ完成された機能とは言えない。後者の場合、最後に「question」(質問)という単語を付け加えると、Googleに音声認識をやめさせ、検索を開始させることができる。

 Googleは、スケジュールの予定作成など、他にも音声インターフェースで多くのオプションを提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]