logo

ソニー、すっきり小型しっかり重低音を実現したBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2014年05月20日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SRS-X3」

 ソニーは5月20日、デュアルパッシブラジエータを備え、重低音再生を重視したBluetoothスピーカ「SRS-X3」を発表した。発売は6月21日。想定税別価格は1万5000円前後になる。

 34mmのフルレンジスピーカユニット2つと対向型に配置したデュアルパッシブラジエータを搭載し、60Hzまでの低域再生を実現。実用最大出力は20Wで、コンパクトサイズながら迫力ある重低音を再生する。

 サイズは高さ67mm×幅185mm×奥行き68mmで、重量約850g。ラバー素材を天面とサイドパネルに使用した「Definitive Outline(ディfヒニティブアウトライン)」を採用する。リチウムイオン充電池で駆動し、5時間の充電で、最大約7時間の使用が可能。広がりのある音場が楽しめるサウンドモードも搭載する。

 ボディカラーはブラック、ホワイト、レッドの3色。キャリングポーチは付属しないが、ハードタイプの専用ケース「CKS-X3」(想定税別価格:2000円前後)が別売で用意される。

  • 幅185mmのコンパクトボディ

  • 天面に操作ボタンなどを配置

  • microUSBと端子とステレオミニ端子

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]