logo

シャープ、いち早くフル4K時代に突入--4Kレコーダー発売へ

加納恵 (編集部)2014年05月20日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「AQUOS 4Kレコーダー TU-UD1000」

 シャープは、HEVCデコーダとスカパー!プレミアムサービスチューナを内蔵し、4K試験放送の録画ができる「AQUOS 4Kレコーダー TU-UD1000」を発表した。発売は6月25日。想定税別価格は12万円前後になる。

 次世代放送推進フォーラム(Nex TV-F)主体で6月2日に放送を開始する4K試験放送をこれ1台で、4K画質のまま録画することが可能。4K試験放送を視聴、録画するには本機のほか、スカパー!プレミアムサービス対応アンテナ、HDMI 2.0規格に準拠し、HDCP 2.2に対応した4Kテレビ、スカパー!ICカード(付属)を用意した上、視聴申し込みをする必要がある。

  • リモコン

 本体には1TバイトのHDDを内蔵し、BD/DVDディスクドライブは非内蔵。USB HDD接続によるHDD増設にも対応しているが、4K放送の録画は内蔵HDDのみとなる。1TバイトのHDDに4K放送を約53時間録画可能だ。

 スカパー!プレミアムサービスチューナ1基と地上、BS、110度CSデジタルチューナ2基を搭載し、フルHD画質の録画も可能。4K放送以外であれば、ダブル録画にも対応する。HDMI出力は1系統のみで、HDMI 2.0規格に準拠しているほか、HDCP 2.2に対応する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]