iRobotの「Braava 380t」レビュー--水拭きとから拭きができるフロア掃除ロボット - (page 4)

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年05月20日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれのテストでは全体的に見ると、Braavaのナビゲーション能力はまずまずであり、カーペットを検出し、回避する能力も素晴らしいものであった。それでも清掃能力には少し落胆した。拭き筋があまりにも多く残り、目地の汚れは目にあまり、粘りの残る場所も数多くあった。何度も試した後、Braavaを繰り返し使うことになったが、それはフロアが完全にきれいにならなかったためでしかない。

 Braavaは魅力的な点もあり、基本的な清掃に適した製品であると言えるだろう。ハードフロアの多い家に住んでいるのであれば、これを夜中に動かして汚れやほこりがたまらないようにするというのは意味がある。残念ながら、Braavaには他のロボットに搭載されているようなスケジュール機能が搭載されていないため、寝ている間に掃除させることはできない。こういった種類の通常のメンテナンス型掃除(このようなロボットに最も適した掃除と言える)の場合であっても、Braavaを手作業で始動し、掃除が終わるたびに手でドックに戻す必要がある。

 筆者にとって、この手のマイクロマネジメントはロボット掃除機を導入するそもそもの目的と相反している。これは、実際の清掃プロセスを代行するというだけの話ではなく、掃除にまつわる心理的なプロセスの代行についての話でもある。何も考えなくても、そして何かをするということを覚えておかなくても、フロアがきれいになってほしいのだ。それが夢なのである。そうでない場合、単に1つの雑用を他の雑用で置き換えているにすぎない。

提供:Colin West McDonald/CNET
提供:Colin West McDonald/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]