logo

「iOS」版「Google Search」アプリがアップデート--よりスマートな会話が可能に

Jason D. O'Grady (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年05月14日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」版「Google Search」アプリが米国時間5月13日、バージョン4.0.0にアップデートされ、いくつかの新機能が追加された。新バージョンは以前より会話力が向上した。つまり、ユーザーがマイクアイコンをタッチして「OK Google」と言うと(「Google Now」から受け継がれた機能)、同アプリはそれぞれのクエリを別々のGoogle Searchとして扱うのではなく、複数の異なるクエリに連続的に対応する。

 リリースノートに書かれた例によると、マイクアイコンをタッチして、以下通り、3つの分かれたコマンドで伝えることができるようだ。

  1. 「OK Google」と言ってクエリを開始する(編集部注:日本語版では不要)。
  2. 「天気はどんな感じ?」と尋ねる(その結果、今日の天気が表示される)。
  3. 「今週末はどう?」と続いて尋ねる(その結果、長期の天気予報が表示される)。

 これまでは、それぞれの文を単独の検索クエリとして伝える必要があった。2つめの質問には「天気」という単語が入っていないので、従来のバージョンでは適切に処理できない。

 Google SearchアプリはGoogle Nowの機能をほかにも採用している。過去の検索語に関連して、アプリの下部に表示されるカードがそれだ。たとえば、筆者は過去にThe Avett Brothersのツアー日程を検索したことがあるので、筆者が使用しているアプリの下部には同バンドに関するカードが表示されている。さらに、アップデートされたiOS版アプリでは、Google Nowに「Cricket」(クリケット)スポーツカードが追加されている。また、読み込み時間が高速になっており、Google画像検索の結果もより滑らかに表示されるようになった。

提供:Jason O
提供:Jason O'Grady

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]