logo

MS、「Outlook.com」をアップデート--高度なルールや新しい「元に戻す」オプションを追加

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年05月14日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft関係者らは米国時間5月13日、ウェブメール「Outlook.com」に新機能を追加したと述べた。より高度なルールや、新しい「元に戻す」オプションなどが追加されているという。

 新しい「Advanced Rules」では、電子メールメッセージの分類、保管、移動方法に対する高度な制御が追加されている。ユーザーは、複数の条件と複数のアクションで構成されるルールを作成することができる。新しいルールとしては、時間制限、電子メール集計、既読/未読状態の確認などに対するオプションがある。

 またMicrosoftは、さまざまなコマンドにおいて元に戻す操作を簡素化する新しいオプションを追加した。ユーザーは、削除、分類、フラグ付け、迷惑メールとして振り分けなどの操作を実行した際の誤りについて、元に戻すためのボタンをクリックするか、Ctrl+Zを入力することによって元に戻すことができる。

 また、新しいインライン返信機能がOutlook.comのユーザーに提供された。ユーザーは新しいビューを起動することなく、電子メールスレッドに返信することができる。

 これら3つの新機能はすべて13日から提供開始され、「今後数週間」の間にOutlook.comユーザーに提供されるとMicrosoft幹部らは述べた。

 アップデートといえば、Microsoftは5月13日、「OneDrive for Business」のアップデートに着手することも発表した。「Simple Controls」、「Site Folders」、よりインテリジェントな「Search」など、いくつかの新機能を追加するという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]