logo

アップル「WWDC」を振り返る--2013年、OS刷新と新「Mac Pro」披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference (WWDC) 2014」が米国時間6月2日から開催される。ここでは、2013年のWWDCで発表された内容を振り返る。

2013年:OS刷新と新「Mac Pro」披露

 2013年のWWDCについて事前に注目されていた製品としては「iOS 7」があった。iOS 7では、アイコンやアプリを皮革、紙、フェルトなどで表現したスキューモーフィックインターフェース要素が姿を消し、「フラット」なインターフェースが採用されることになった。「OS X」はこれまで、コードネームにネコ科の動物の名前が採用されていたが、これ以降はカリフォルニアの地名が採用されることになった。その第1弾として登場する「OS X Mavericks」については、ファインダーにタブを作成する機能や、項目にタグを付けて検索しやすくする機能などが紹介された。

 さらに、長い間にわたって刷新が求められていた「Mac Pro」の新モデルがついに披露された。新型Mac Proは、これまでと異なる円筒形デザインを採用し、前モデルの8分の1の大きさとなった。最大で12コアのIntel製プロセッサ「Xeon」を搭載する。

 その他の発表:「Haswell」搭載「MacBook Air」、ストリーミング音楽サービス「iTunes Radio」、新しくなった「Siri」、「iOS」と自動車の統合強化など。

 特集:WWDC 2014カウントダウン

提供:CNET
提供:CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]