logo

KDDIと海上保安庁、船上携帯電話基地局の品質検証試験を実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと海上保安庁は、鹿児島県が主催する総合防災訓練において、海上保安庁の船舶に携帯電話の試験基地局を開設し、商用と同じ電波を用いた携帯電話システムの品質を検証する実証試験を実施すると発表した。

 実証試験が行われるのは5月22日の予定で、鹿児島海上保安部に所属する巡視船「さつま」の船上に試験基地局を開設。基地局が発信した電波を陸上の高台で受信することで、基地局からの電波強度や船舶の揺れに伴う品質への影響などを確認するという。

 災害時に、船舶上の2GHz帯オムニアンテナによって、高台のサービスエリア復旧を行うのが狙いで、既に同社では、800MHz帯周波数を活用して沿岸部のサービスエリア復旧のための海上基地局試験を広島県呉市で2012年11月に実施している。


船舶型携帯電話基地局の仕組み (イメージ図)

 今回の実験実施にあたり、第十管区海上保安本部は「船上に携帯電話基地局を開設し、災害時に迅速なエリア復旧を行う今回の取り組みは大変意義のあるものと捉えている。海上保安庁の緊急通報用電話番号118等の受理体制の早期確立や、迅速な救助・支援活動にも役立つものと考えており、この取り組みに最大限協力していきたい」とコメントしている。

 なお、鹿児島県総合防災訓練は防災関係機関の相互連携や県民の防災意識啓発のために毎年行われているもので、鹿児島県近海を震源とする地震や津波、集中豪雨などの災害を想定した様々な訓練が行われる。KDDIは海上試験のほか、災害による通信障害を早期に復旧させるための車載型基地局や可搬型基地局の展開、無線エントランス回線の増強などをするとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]