logo

サムスン会長、急性心筋梗塞で手術--容体は安定

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年05月12日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子の会長である李健熙(イ・ゴンヒ)氏(72歳)が心臓発作を起こしたが、現地時間5月11日時点で容体が安定しているという。複数のメディアが報じた。

 サムスンソウル病院はメディアに向けた声明で、李氏は10日深夜に呼吸困難に陥って蘇生処置を受け、11日早朝に手術を受けたと述べた。同氏は、急性心筋梗塞で心臓手術を受けた後、回復しつつあるという。

 李氏は、1999年に肺リンパ腫手術を受けて以来、呼吸障害に苦しんでいたと報じられている。また、2013年8月には肺炎で入院していた。

 父親の死後、1987年にサムスン電子の会長職を継いだ李氏は、韓国の水原(スウォン)市を拠点とする同社を、スマートフォンやテレビ、メモリチップを製造する世界最大規模のメーカーに変えるのに貢献したとされている。脱税で有罪判決を受けて2008年に辞任したが、大統領に恩赦を与えられて2010年に会長に復帰した。

 李氏は、自分の子らを同社の重職に抜擢してきた。息子の李在鎔(イ・ジョヨン)氏は、2012年に副会長に任命され、いずれは会長として李健熙氏の後を継ぐと見られている。

 Forbesの推計によると、李健熙氏はおよそ108億ドルの純資産を保有しており、韓国一の資産家だという。


2012年ロンドン五輪の開会式に出席したサムスン会長の李健熙氏。
提供:Pascal Le Segretain/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]