logo

Facebook、「Moves」アプリのプライバシー懸念に反論--「共有と混合は違う」

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2014年05月08日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、先ごろ買収した「Moves」アプリに関するプライバシーポリシーと利用規約をアップデートしたが、これをめぐって懸念が生じているにもかかわらず、同社はこの決定について問題はないと述べている。

 The Guardianが現地時間5月7日に掲載した記事の中で、Facebookの広報担当者は、同社がMovesの利用規約を変更したのはFacebookのチームがこのプログラムを開発および改良できるようにするためだと述べている。このコメントは、利用規約の変更によってMovesの一部のデータがFacebookと共有できるようになったことに気付いた、複数のユーザーからの抗議を受けたものだ。こうした批判の中には、MovesチームはFacebookとの「データ混合」の予定はないと説明していたのに、利用規約の変更はその約束を破るものだとの思いがある。

 Facebookは4月末にMovesの開発企業であるProtoGeo Oyを買収した。Movesは、ユーザーの日々のフィットネス活動や訪れた場所を記録するアプリだ。この無料アプリは「iOS」と「Android」で利用できるが、ユーザーの間では、位置情報を共有する機能により、FacebookとMovesアプリの両方を使用している人に関する情報が、必要以上にFacebookに渡ってしまいかねないとの懸念が生まれていた。

 Facebookの広報担当者はThe Guardian紙の取材に対し、データ混合と同社チームとのデータ共有は明確に区別されていると述べた。さらに担当者は、Movesは引き続きFacebookとは別のスタンドアロンアプリとして提供され、ユーザーデータも別々に管理されるというこれまでの説明を繰り返した。


Movesのアプリ画面
提供:Moves

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]