logo

アップル対サムスン裁判、双方の特許侵害を認める--それぞれに損害賠償金支払いを命じる評決

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月03日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンノゼ発--8人で構成される陪審は米国時間5月2日、Apple対サムスンの特許侵害裁判において評決を下し、両社ともにそれぞれが持つ一部の特許について侵害があったとする一方で、他の特許については侵害がなかったとする判断を示した。

 陪審は、サムスン製端末がAppleの「クイックリンク」に関する'647特許を侵害していたとの判断を下したが、「ユニバーサル検索」に関する'959特許や「バックグラウンド同期」に関する'414特許については、侵害がなかったとの判断を下した。「スライドによるアンロック」に関する'721特許については、結果が別れ、「Galaxy Nexus」などの一部サムスン製品では侵害があったが、他の製品では侵害がなかったとの判断が下された。自動ワード修正に関する'172特許については、Lucy Koh判事が審理前の判断としてサムスンが侵害したとの見方を示しており、陪審はその賠償額を計算しただけだった。

 陪審は、サムスンに対し、特許侵害を理由に1億1960万ドルだけをAppleに支払う必要があるとの評決を下した。この額は、Appleが求めていた22億ドルを大きく下回るものとなっている。

 一方、陪審はまた、Appleに対し、サムスンの特許でフォルダ内における写真およびビデオの整理に関する'449特許を侵害したと判断し、15万8400ドルをサムスンに支払う必要があるとの評決を下した。サムスンは、Appleが2件の特許を侵害していると訴え、損害賠償金としておよそ620万ドルを求めていた。

 Appleは、「陪審と裁判所の尽力に感謝する」と声明で述べた。

 「本日の裁定は、世界中の裁判所がすでに認識していることをさらに強固にするものだ。それは、サムスンが意図的にわれわれのアイデアを盗用し、われわれの製品を真似たということだ。われわれは、当社従業員が身を捧げて顧客に向けて設計して届けているiPhoneのような愛すべき製品に対してなされた大きな努力を守るために戦っている」(Apple)

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]