logo

分解、「GALAXY S5」--サムスン新旗艦スマートフォンの内部 - 3/53

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年05月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 われわれが使用したAT&TのLTE対応モデルは、Qualcommの2.5GHzのクアッドコアシステムオンチップ(SoC)「Snapdragon 801」を搭載。LTE非対応モデルでは、サムスンは同社独自の「Exynos 5422」SoCを採用している。

 すべてのモデルが5.1インチで1080pのHD AMOLEDディスプレイ、2GバイトのRAM、16Gバイトの内蔵ストレージ、microSDカードスロット、16メガピクセルの背面カメラ、2メガピクセルの前面カメラ、近距離無線通信(NFC)サポート、IRブラスタ、全く新しい指紋センサを備える。

 われわれが使用したAT&TのLTE対応モデルは、Qualcommの2.5GHzのクアッドコアシステムオンチップ(SoC)「Snapdragon 801」を搭載。LTE非対応モデルでは、サムスンは同社独自の「Exynos 5422」SoCを採用している。

 すべてのモデルが5.1インチで1080pのHD AMOLEDディスプレイ、2GバイトのRAM、16Gバイトの内蔵ストレージ、microSDカードスロット、16メガピクセルの背面カメラ、2メガピクセルの前面カメラ、近距離無線通信(NFC)サポート、IRブラスタ、全く新しい指紋センサを備える。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]