logo

米アタリの不人気ゲーム「E.T.」、地中から大量に発掘--あの都市伝説を検証

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月28日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ニューメキシコ州アラモゴード発--当地の古い埋め立て地に1983年から埋められていた大量のAtari製「E.T.」ゲームカートリッジが、米国時間4月26日に発掘された。 同ゲームには、過剰生産分が当地の埋め立て地に大量に埋められたという伝説があった。

 100人以上のビデオゲームファンが見守る中、発掘団はゲームを発見することができた。写真は、この発掘に関する映画の監督であるZak Penn氏が、最初のカートリッジが見つかったと発表している様子。

 ニューメキシコ州アラモゴード発--当地の古い埋め立て地に1983年から埋められていた大量のAtari製「E.T.」ゲームカートリッジが、米国時間4月26日に発掘された。 同ゲームには、過剰生産分が当地の埋め立て地に大量に埋められたという伝説があった。

 100人以上のビデオゲームファンが見守る中、発掘団はゲームを発見することができた。写真は、この発掘に関する映画の監督であるZak Penn氏が、最初のカートリッジが見つかったと発表している様子。

提供: Daniel Terdiman/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]