logo

NHK、「まぶしくない」LED照明器具を開発--ドラマやスタジオで使用

加納恵 (編集部)2014年04月25日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャスタライト。写真左が従来型で、右がクルムス型

 NHKは4月25日、小糸製作所と共同で白色LED照明器具を開発したと発表した。まぶしさを低減し、スタジオやドラマの現場で使用できるという。

  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」収録の様子

 開発された照明器具は、目にやさしいとされる「クルムス蛍光体」を用いており、従来の白色LEDに比べ、光源を直視した際のまぶしさを低減できることが特徴。NHKでは、スタジオでキャスターを照らす「キャスターライト」と、ロケや中継で使用する「ソフトライト」の2種類の照明器具を試作し、従来型の白色LED照明器具との比較評価を実施した結果、約9割の人が「試作品はまぶしくない」と回答した。

 また、物体を照射した時の色の再現性である演色性にも優れており、5月25日に放送予定の大河ドラマ「軍師官兵衛」での収録にも使用されたとのことだ。

 NHKでは、省エネルギー光源としてテレビ番組の制作現場における白色LED照明器具の導入を進めているが、「光源が視界に入るとまぶしく感じる」という声が一部からあり、今回の開発に至ったとのこと。今後は試用を重ね、番組制作用照明器具として最適化していく予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]