logo

米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--1番艦の命名式を写真で見る

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年04月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Bath Iron Worksは先ごろ、米海軍の次世代Zumwalt級ミサイル駆逐艦の1番艦の命名式を行った。メイン州バスにある同社の造船所において、スパークリングワインのボトルが同艦の艦首に打ち付けて割られた。

 米海軍の次世代艦3隻のうちの1番艦である「DDG 1000」は、先進的な機能を搭載して2014年中に海に出ることになっている。

 全長610フィート(約186m)の同艦には、レーダー反射角、内向きに傾いた印象的なタンブルホーム型船殻、全電気方式の統合動力システム、先進砲システムなど、新技術が満載されている。

関連記事:米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--新技術満載の船体を写真で見る
Scroll Right Scroll Left

 Bath Iron Worksは先ごろ、米海軍の次世代Zumwalt級ミサイル駆逐艦の1番艦の命名式を行った。メイン州バスにある同社の造船所において、スパークリングワインのボトルが同艦の艦首に打ち付けて割られた。

 米海軍の次世代艦3隻のうちの1番艦である「DDG 1000」は、先進的な機能を搭載して2014年中に海に出ることになっている。

 全長610フィート(約186m)の同艦には、レーダー反射角、内向きに傾いた印象的なタンブルホーム型船殻、全電気方式の統合動力システム、先進砲システムなど、新技術が満載されている。

関連記事:米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--新技術満載の船体を写真で見る

提供: Courtesy: Raytheon Company

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]