logo

「Google+」を開発した幹部がグーグルを退社

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2014年04月25日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのソーシャルネットワーク「Google+」の責任者を務めるVic Gundotra氏は、米国時間4月24日のGoogle+への投稿で、同日付で退社することを発表した。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるLarry Page氏は自身のGoogle+への投稿でGundotra氏をたたえ、「Googleでの華々しいほぼ8年間」と、「何もないところから」Google+を築き上げたことに謝意を示した。

 「私は毎日、Google+を心から楽しんで使っている。特に『Auto Awesome』(おまかせビジュアル)ムービーがお気に入りで、家族や友人と共有するのが本当に楽しい」と、Page氏は書いている。

 Page氏は、Gundotra氏がGoogle+の開発で陣頭指揮を執ったことに加え、「Google Maps」のチームを率いてターンバイターン方式のナビゲーションを導入したことや、Googleの開発者との関係を改善したことを挙げて、その功績をたたえた。後者についてPage氏は、Gundotra氏が改善するまで「ばらばらの取り組み」だったと表現した。

 Gundotra氏は2007年にGoogleに入社した。それ以前はMicrosoftに16年間勤務してゼネラルマネージャーを務め、その後1年間は慈善活動をしていた。


Vic Gundotra氏。2013年にサンフランシスコで開催された開発者カンファレンスGoogle I/O にて
提供:James Martin/CNET

 Gundotra氏は転職先を明らかにしていないが、突然の退社は同氏が競合企業に移る可能性を示唆している。

 今後Google+を率いるのは、Gundotra氏の右腕でGoogle+製品マネージャーを務めるBradley Horowitz氏ではないと、Re/codeは伝えた。その後Googleは、Google+のエンジニアリング担当バイスプレジデントであるDavid Besbris氏がGoogle+を統括することを認めた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集