logo

「Galaxy Tab 4」、米国での発売日は5月1日に

Scott Webster (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年04月24日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Samsung Galaxy Tab」シリーズが、さらにラインナップを拡充することになった。

 サムスンは米国時間4月23日、「Galaxy Tab 4」シリーズのWi-Fi版を米国の複数の実店舗とオンラインストアで5月1日から発売すると発表した。Galaxy Tab 4の取り扱いを予定している販売業者は、Amazon、Best Buy、Office Depot、OfficeMax、Samsung.comなどだ。予約注文も、3つあるサイズのすべてについて4月24日から開始される。

 Galaxy Tab 4シリーズにはブラックとホワイトの2色が用意され、3種類のサイズがある。7.0インチの「Galaxy Tab 4 7.0」は199.99ドル、8インチ版は269.99ドル、10.1インチ版は349.99ドルでそれぞれ販売される予定だ。

 さらに今夏には、Sprintが4G LTE版のGalaxy Tab 4 7.0を発売する。また、T-Mobile USAが4G LTE版の「Galaxy Tab 4 8.0」を、Verizon Wirelessが4G LTE版のGalaxy Tab 4 8.0と「Galaxy Tab 4 10.1」の両方を発売する予定だ。AT&Tも4G LTE版を発売するようだが、どのサイズを提供するのかは現時点で明らかになっていない。


「Galaxy Tab 4」シリーズのWi-Fi版は米国の複数の実店舗とオンラインストアで5月1日から発売される(提供:サムスン)

 Appleに次ぐ業界2位のタブレットメーカーであるサムスンは、さまざまなサイズのタブレットを市場に投入する戦略で、自社のシェアを高めようとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]