logo

自作スタンプを販売できる「LINE Creators Market」が受付開始--5月から発売

藤井涼 (編集部)2014年04月17日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月17日、ユーザーがスタンプを制作して販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の登録受付を開始した。スタンプは1セット40種類100円で販売され、クリエイタには売上の50%が分配される。

 LINE Creators Marketは、LINEのトークで利用できるスタンプを販売できるプラットフォームで、LINEアカウントがあれば個人、企業を問わずクリエイタに登録できる。同日よりクリエイタとスタンプの登録受付を開始し、審査を通過したスタンプは5月以降に販売される予定。まずは、日本、タイ、台湾、インドネシアの4カ国の「LINE ウェブストア」で取り扱う。

 登録にあたっては、メイン画像1枚、スタンプ画像40枚、トークルームタブ画像1枚の42種類の画像を用意する必要がある。同社では、日常会話やコミュニケーションで使いやすいスタンプや、表情やイラストが分かりやすくシンプルなスタンプを推奨しており、物体や景色、写真などはNGとしている。詳細はガイドラインで確認できる。


「LINE Creators Market」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]