logo

ソーラー飛行機「Solar Impulse 2」--地球一周飛行を目指す新型機

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年04月19日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 太陽電池駆動型飛行機「Solar Impulse」を建造し、2013年に米国横断飛行を成し遂げた記録を持つスイスのチームが、今度は世界規模の新たな目標を立てた。地球を一周できるソーラー飛行機を開発することだ。

 共同創設者でパイロットのBertrand Piccard氏とAndre Borschberg氏は、現地時間4月9日にスイスのパイエルヌ飛行場で、翼幅72mの新型機「Solar Impulse 2」を公開した。Solar Impulse 2は、初代機のSolar Impulseよりも翼幅が8m長い。そして軽量になり、高速にもなっている。

 Solar Impulse 2は2014年春にテスト飛行を開始する予定で、地球一周飛行は2015年の4月から7月の間に計画されている。
Scroll Right Scroll Left

 太陽電池駆動型飛行機「Solar Impulse」を建造し、2013年に米国横断飛行を成し遂げた記録を持つスイスのチームが、今度は世界規模の新たな目標を立てた。地球を一周できるソーラー飛行機を開発することだ。

 共同創設者でパイロットのBertrand Piccard氏とAndre Borschberg氏は、現地時間4月9日にスイスのパイエルヌ飛行場で、翼幅72mの新型機「Solar Impulse 2」を公開した。Solar Impulse 2は、初代機のSolar Impulseよりも翼幅が8m長い。そして軽量になり、高速にもなっている。

 Solar Impulse 2は2014年春にテスト飛行を開始する予定で、地球一周飛行は2015年の4月から7月の間に計画されている。

提供: Solar Impulse

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]